Windows 10におけるWSL2を用いたUbuntu環境の構築

はじめに_

本ページでは、以下の環境でWindows 10のWindows Subsystem for Linux バージョン2 (WSL2)にUbuntuを用いてLinux環境を構築する手順を記載する。

Windowsのバージョンの調べ方は以下の手順で調べることができる。

  1. 「スタート」にアイコンを合わせ、右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックする。
  2. 半角文字で winver と入力してEnterキーを押す。
  3. 新しく開いたウィンドウにバージョン情報が記載されている。

予想しないトラブルを避けるためにWindows Updateで最新のバージョンにしておくこと。

参考_

Powershellの実行方法_

WSLのインストールではPowershellというWindows 10のアプリケーションを用いる。このアプリケーションの起動方法は以下の通り。

  1. 「スタート」にアイコンを合わせ、左クリックする。
  2. アプリ一覧の中から、Windows PowerShellを探し、当該アイコンを右クリックする。そして、「管理者として実行する」をクリックする。
  3. 管理者として起動するのか確認されるので「はい」をクリックする。
  4. 起動したウィンドウがPowershellというアプリケーション。PowershellはCharacter User Interface (CUI)と呼ばれる操作方法で、半角英数字でコマンドと呼ばれる命令を入力することで、いろいろな操作を実行する。

WSLのインストールとUbuntuのインストール_

マイクロソフト:WSL のインストールに従いWSLをインストールする。最新のインストール方法ではWSLのインストールに続いて任意のLinuxディストリビューションもインストールできます。

  1. お使いのパソコンがインターネットに接続していることを確認する。接続していなければ接続する(WSLやUbuntuをダウンロードするため)。
  2. PowerShell上で以下のコマンドを実行する。実行時間はお使いのパソコンの性能やインターネットの接続環境によって変わる。
    wsl --install -d Ubuntu-20.04
    
  3. しばらく待っているとWSLとUbuntu 20.04のインストールが終わる。初めてwslをインストールした場合は、再起動を求められるのでWindowsを再起動する。再起動すると設定が進み、自動的にUbuntuが起動する。
  4. すでにwslがインストール済みの場合は、以下のようにインストール成功のメッセージが表示され、別ウィンドウでUbuntuのユーザ設定へと進む。
    PS C:\WINDOWS\system32> wsl --install -d Ubuntu-20.04
    ダウンロード中: Ubuntu 20.04 LTS
    インストール中: Ubuntu 20.04 LTS
    Ubuntu 20.04 LTS はインストールされました。
    Ubuntu 20.04 LTS を起動しています...
    

Ubuntuのユーザ設定以降については以下を参照のこと。

Windowsを再起動してもUbuntuが起動しない場合は、Ubuntuのインストールが成功したかどうかを以下のように確認すること。

お使いのパソコンの設置によっては、Ubuntuが起動せずエラーが出る場合がある。以下のページを参考に仮想化が有効になっているかどうかを確かめ、仮想化が有効かされていない場合はUEFIで仮想化を有効にする。UEFI画面の出し方や設定方法はお使いのパソコンごとに異なるのでGoogleなどで調べること。

トラブルシューティング

日本語環境を整える_

Linuxのインストール先の変更(必要に応じて)_

WSL1からWSL2への移行(必要に応じて)_

WSL1上に構築したLinux環境をWSL2へ移行する方法。

WSL2 + Docker(必要に応じて)_

WSL + Ruby on Rails(必要に応じて)_

Ubuntu 20.04 LTSへのインストールメモ_

WSL上にインストールしたLinuxのバックアップ_

トラブルシューティング(困った時の対応)_

戻る_