Windows 7でVMPlayer With Ubuntu

はじめに_

Windows 7上にVMplayerでUbuntuをインストールしたときのメモ。環境は以下のとおり。

  • HP Compaq 8100 Elite SFF PC
    • CPU: Intel Core i3 530 2.93GHz
    • Memory: 4Gbyte
    • ネットワークカード:オンボード(Intel 8257DM Gigabit Network Connection)
  • ホストOS: Windows 7 SP1

以上の情報はデスクトップ左下のWindowsアイコン(スタート)→「コンピュータ」→開いたウィンドウの左側にある「コンピューター」を右クリックし「プロパティ」をクリックして表示されるウィンドウに記載されている。

また、このチュートリアルでは以下のバージョンを利用している。適宜、今のバージョンに読み替えること。

VMware Playerのインストール&仮想マシンの新規作成_

以下のURLからVMware Playerをダウンロードする。ダウンロードする際にはアンケートに答えなければならないので注意。また、VMware Player以外にもたくさんのソフトウェアがあるので間違えないこと。

ダウンロードしたらインストールする。ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると以下のウィンドウが表示される。

「次へ」をクリックする。

インストール先フォルダを変更したい場合は「変更」で変える。特にわからない場合はこのままでよい。

「次へ」をクリックする。

これを選択したままにしておくとVMWareに何かしらのデータが送られる。いやな場合ははずすこと。「次へ」をクリック。

特にこだわりがなければそのままにする。「次へ」をクリック。

「続行」をクリックする。

再起動を行う。再起動後にVMPlayerのアイコンをクリックすると以下のウィンドウが表示される。

同意して次へ。

新規仮想マシンを作成する。「新規仮想マシンの作成」をクリックする。

「後でOSをインストール」にチェックをいれ、「次へ」をクリックする。今後、新たなゲストOS(VMPlayer上にインストールするOSのこと)を入れるときも、この手順でよい。

Ubuntuをインストール予定なので、ゲストOSとして「Linux」をチェックし、バージョン「Ubuntu」を選ぶ。その後、「次へ」をクリックする。

仮想マシン名は好きな名前をつけてよい。ただし、日本語や空白を含む名前はやめておいたほうが無難。「場所」の項目は、上記の画像を参考にして新たに設定する。このフォルダにLinux本体およびデータが格納されるので、十分に容量を取れるところにおくこと。また、空白や日本語を含むフォルダ名は避けること。

よくわからなければ、上記の画像と同じように「C:\VMware\Ubuntu」にしておくこと。

ディスクの最大サイズを指定する。自分のPCのハードディスク容量と相談して決めること。とりあえずは推奨サイズの20GBあれば十分。Ubuntuはインストール直後に3GBぐらいの容量を使うので、少なくとも6GBはあったほうがよい。

「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」をチェックし「次へ」。

「ハードディスクをカスタマイズ」する。

この画面でLinuxで使用するメモリ量やCPUのコア数を変更する。VMPlayerの起動中は常にここで設定したとおりにCPUやメモリが利用される可能性があるので、自分のPCの能力とよく相談すること。

私の場合は、メモリは全部で4GBあるので2GB(2048MB)を設定した。また、プロセッサは4コアなので3コアを設定した。他の部分については変更しなかった。

設定を変更したら「閉じる」をクリックする。そして、「完了」をクリックし、新しい仮想マシンウィザードを終了する。

このような仮想マシンが設定される。

Ubuntuのインストール_

Ubuntu Japanese Teamから、Ubuntu Desktop 日本語 Remix CD (ubuntu-ja-11.10-desktop-i386.iso)をダウンロードしてくる。なお、CD-Rに焼く必要はない。

先ほど作成した仮想マシンを起動する。VMPlayerを起動させる。

「仮想マシンの再生」をクリックする。

いろいろと尋ねられるがとりあえず「OK」や「次へ」をクリックする。vmware-toolsをインストールされるか尋ねられたらインストールを行う。すると、Linux側(ホストOS側)のインストールが失敗するので、更新をあきらめる。

すると、上記のような画面になり、OSのインストールをするように促される。「CD/DVDの設定を変更」のところで、先ほどダウンロードしてきたubuntu-ja-11.10-desktop-i386.isoを選択し、「仮想マシンを再起動」をクリックする。

Ubuntuのインストールが始まるので、画面の指示どおりにインストールする。上記の画面がでたら「Ubuntuをインストール」をクリックする。

「続ける」をクリックする。

「ディスクを削除してUbuntuをインストール」をチェックし、「続ける」をクリックする。

「インストール」をクリックする。

「続ける」をクリックする。

「続ける」をクリックする。

Ubuntuにログインするためのユーザー名とパスワードを設定する。自由に設定してよい。また、コンピューターの名前はUbuntuが勝手に決めてくれるのでそれでよい。

ユーザー名とパスワードを入力したら、「続ける」をクリックする。

あとは、上記の画面になるまでインストールが終わるのを待つ。上記の画面になったら「今すぐ再起動する」をクリックする。

その後、何かキーを押すように求められるのでキーを押すこと。

ちゃんと再起動し、このようんがログイン画面がでたならば、VMPlayerの下部に出ている「インストールを完了しました」をクリックし、Ubuntuのインストールを終える。

続いて、vmware-toolsのインストールを行う。VMPlayerの上部にある「仮想マシン」→「VMware Toolsのインストール」をクリックする。

Ubuntu側でターミナルを立ち上げて、vmware-toolsをインストールする。Ubuntuのデスクトップの左上にある「Dashホーム」のアイコンをクリックし、検索欄に「terminal」と入力して、端末を起動する。

続いて端末で以下のようにvmware-toolsを解凍する。

% cd /media/VMWare\ Tools/
% cp VMwareTools-8.8.1-528969.tar.gz /tmp
% cd /tmp
% tar xvfz VMwareTools-8.8.1-528969.tar.gz
% cd vmware-tools-distrib
% sudo perl vmware-install.pl (パスワードの入力が求められるのでログインパスワードを入力する)

いろいろ質問されるが全部Enterキーを押して進めてよい。インストールが終わったら、一度Ubuntuをシャットダウンする(Ubuntuのデスクトップ右上の歯車のアイコンをクリックする)。

WindowsとUbuntuの間に共有フォルダ/ディレクトリを用意する。共有フォルダを用意する。今回はC:\VMware\Sharedを共有フォルダ/ディレクトリとする。まずは、C:\VMware\Sharedを作成する。

次にVMPlayerを起動し、「仮想マシン設定の編集」をクリックする。

開いたウィンドウにて「オプション」→「共有フォルダ」の順にクリックする。そして、上記画面の「フォルダの共有」の部分にて「常に有効」をチェックする。次に、「フォルダ」部分の「追加」をクリックし、先ほど作成したC:\VMware\Sharedを追加する。その後、「OK」をクリックする。

これで共有フォルダ/ディレクトリの設定は終了。Ubuntuを起動し、端末にて/mnt/hgfs/Sharedに該当のディレクトリがあることを確認する。ためしに空ファイルを作成し、Windows側からも確認してみる。

% cd /mnt/hgfs/Shared
% touch empty.txt

インストール後_

スーパーユーザー(root)とsudo_

Windows系OSでいうAdministratorに当たるのが root ユーザである。rootユーザはシステム構成の変更を行う権限を持つユーザであるため、rootユーザであるときにミスを行うとシステムに致命的な問題が可能性がある。このため、UnixやLinuxでは普段の作業は一般ユーザで行い、システム構成の変更(ソフトウェアの新規インストールや新規ユーザの追加など)をおこなうときだけ、rootユーザになり、操作を行うという慣習がある。

sudoコマンドは、rootユーザ権限でコマンドを実行するためのものである。以下のように用いる。

% sudo コマンド名
[sudo] password for XXX:

自分のログインパスワードを入力し、入力したパスワードが正しいときに、コマンドがrootユーザ権限で実行される。Ubuntuでは、インストール時に作成したユーザが自動的にsudoの対象ユーザに設定されている(つまり、sudoコマンドを使うことができる)。

ソフトウェアのアップデート_

Ubuntuのデスクトップ右側にある歯車のアイコンをクリックし、ソフトウェアの更新があるかどうかをチェックする。もし、更新がある場合は、更新する。

aptitudeのインストール_

GUIでインストールができるが、端末から探したり、インストールしたほうが楽なのでaptitudeをインストールする。

端末を起動し、以下のコマンドを打ち込む。

% sudo apt-get install aptitude

欲しいソフトウェアのインストール_

Ubuntuは、aptという素晴らしく便利なツールがあるのでこれを使ってソフトウェアをインストールすると便利。

基本的な使い方は以下のとおり。

% sudo aptitude search キーワード
% sudo aptitude search キーワード | grep キーワード
% sudo aptitude search キーワード | more

基本的にはaptitudeコマンドのsearchで探す。たくさん候補が表示される場合はgrepで絞り込んだり、moreでページ送りをできるようにする。

インストールしたいソフトウェアが既にインストールされているかどうかを知りたいときには以下のコマンドで調べる。

% dpkg -l | grep キーワード

dpkgコマンドの-lオプションで既にインストールされているソフトウェアの一覧が表示されるので、grepで絞り込む。

インストールは以下のように行う

% sudo aptitude install ソフトウェアパッケージ名(aptitude searchで表示された名前)

依存関係のあるソフトウェアは、芋づる式に自動でインストールしてくれるのでそれほど悩む必要はない。

戻る_