rbenvを用いたRuby実行環境の構築 on Ubuntu 18.04

必要なソフトウェアのインストール_

Ruby 2.5.1に必要

% sudo apt install -y libssl-dev libreadline-dev zlib1g-dev

Rubyのインストールに必要(2018年10月4日追記)

% sudo apt install -y gcc g++ make 

rbenvのインストール_

ターミナルで以下のコマンドを実行する。

% cd
% git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
% git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

シェルの設定ファイルを編集し、~/.rbenv/binをサーチパスに入れる(2018年9月22日修正、WSLでは起動時に.bashrcを読み込まないため。2018年10月4日修正:3行目の「init -)"'」の後ろに全角スペースが含まれていたのを削除)。

% echo "# For rbenv" >> ~/.bash_profile
% echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
% echo 'eval "$(~/.rbenv/bin/rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
% source ~/.bash_profile

端末を一度終了する。

% exit

端末を再度起動する。

Rubyをインストールする。2018年6月28日現在、最新の安定版は2.5.1

% rbenv install -l (インストールできるRubyの実装の一覧表示)
% rbenv install 2.5.1 (Matz Rubyの 2.5.1をインストール)
% rbenv rehash
% rbenv global 2.5.1
% ruby -v
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux-gnu]

gemのバージョンアップ_

Rubyのライブラリー管理システムRubGemsもRubyのインストール時にインストールされる。これを最新バージョンにアップグレードする。

% gem update --system
% gem --version
2.7.7

gemでライブラリーをインストールした際にドキュメントを生成すると時間がかかる。そこで、ドキュメントを生成しない設定にする。

% cd
% touch .gemrc
% echo "install: --no-document" >> .gemrc
% echo "update: --no-document" >> .gemrc

rbenvのアップグレード_

すでにrbenvをインストールしているときに、新しいRubyがリリースされたときは、rbenvをアップグレードしてから、新リリースを導入する。

% cd ~/.rbenv
% git pull
% cd plugins/ruby-build
% git pull

戻る_